2017年10月14日

今日はサンヨー PHC-33のメンテナンスをしています

いつもお世話になっている、
らーぴーと様よりPHC-33のメンテを頼まれました^^

軽く動作確認してみましたが、ロード時にたまにテープエラーが出ます・・・^^;
更に細かくチエックしましたが・・・セーブが全くダメです^^;
一体型は便利なのですが、デーレコが故障すると分離型のようにすぐに交換とはならないので大変です^^;
PHC-33とか日立のH2あたりは何度かメンテしておりますが、
これらの機種は電源を入れると裏でプーリーが永遠と回っているので、
故障もしやすいかもしれませんね。
DSCgfbhkog336.jpg


とりあえず中を見てみます。
全てサンヨー製のコンデンサーですね。
DSCgfbhkog332.jpg


デーレコ部を引き出してカウンターとプーリーのベルトも交換しました。
DSCgfbhkog333.jpg


一応コンデンサーはTKとニチコンへ全て交換致しました。
DSCgfbhkog332.jpg


デーレコの基板のコンデンサーも全て交換しました。ここも古くなりコンデンサー抜けるとロードなどが不安定になりますので。
DSCgfbhkog335.jpg


ハイドライドをセット、いちおう2倍速で読み込んでます。
DSCgfbhkog336.jpg


ロードはエラーもなく非常に安定していますが・・・
どうもヘッドがダメなようでセーブが全くダメです^^;
まぁこんなことも多々あります。
こないだのタウンズのCDドライブもダメでしたし、
今回のもダメか・・|д゚)
レンズもヘッドも消耗品なので、
殆どの場合は部品単体で売ってないのでどうにもならない事が多いです^^;
とりあえず駄目だったものに関しては、
部品代などのお代は一切受け取らない事にしておりますのでご安心ください。
DSCgfbhkog337.jpg



ついでに頼まれた信長の野望のCR2032のホルダ化と
アミューズメントカートリッジx2もホルダ化完了致しました。
DSCgfbhkog338.jpg


DSCgfbhkog339.jpg



posted by はにはに at 21:10| Comment(2) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

今日はPanasonic MSX2 FS-A1FM の延命をしております^^

エンダース軍曹様から延命を頼まれたFS-A1FMです^^
ついでにFMパナアミューズメントカートリッジ2個のホルダ化も致しました。

ビックリするぐらいの極上品でした!
DSasde7ewf3.JPG


キーボード中も埃もなくすごく綺麗です。
DSasde7ewf4.JPG


FS-A1FMと言ってもFM音源とかついてるわけではなくモデムが搭載されているだけです。
FS-A1は使用頻度が多いと電源入らなくなることもあります。
DSasde7ewf5.JPG


お先にドライブから整備していきます。
既にベルトが付いてるようでしたのでベルト交換されているようですが、私のベルトに交換します。
DSasde7ewf6.JPG


ベルト外したらまだ軸にベルトが残っておりましたので、再度清掃しました^^
DSasde7ewf7.JPG


これがセンサーです、ディスクを入れるとセンサーが押されてディスクが認識されます。
DSasde7ewf8.JPG


綺麗に清掃して、古いグリスを軸から綺麗に拭き取り、軸に新しいセラグリスを塗布します。
DSasde7ewf9.JPG


コンデンサー交換して完了です。
やはり少しだけ漏れておりましたので延命はしておくべきですね。
DSasde7ewf10.jpg
posted by はにはに at 20:32| Comment(0) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

MSX turboR STのフルメンテをしています^^

本日はS様から頼まれたMSX turboR STのフルメンテをしております^^
当時からのお品だそうで、とても大事に使われているのが分かります。
綺麗に清掃もされております^^
DZRST1.jpg


早速オープンします。
DZRST2.jpg


キーは1度外すと接続部が弱くなるので、
経年も考えて、なるべくなら外さない方が良いです、
キーの隙間をアルコールティッシュなどを通し丁寧に拭きます。
DZRST4.jpg


十字キーとスペースキーはシリコンを綿棒等に塗布してから軸に軽くつけると、
快適にゲームができるようになります(笑
DZRST3.jpg


フレキも布で軽くフキフキして埃なども綺麗に取ります。
DZRST5.jpg

どうも接触が悪いキーがあったので、
フレキ内部も開いて布で軽く拭き綺麗にすると、
大抵の場合は調子が良くなると思います。
それでも調子が悪い場合は、本格的な修理、ドータイドとかの出番になりますね。
DZRST6.jpg


埃などがないように綿棒とアルコールティッシュなどで綺麗にします。
くれぐれもバネ飛ばさないようにしてください。
バネ飛ばしたら見つけるのに本当に大変です。
私はバネ飛ばして1日中探し続けたことが何度かあります^^;;;
DZRST7.jpg


まだ何もしていない内部です。
DZRST8.jpg


FDDと基板を外して基板下も綺麗にします。
DZRST9.jpg


FDDのベルトは交換されているようでしたが、新しいのに交換しておきます。
DZRST10.jpg


ヘッド部分です、かなり埃がたまっていましたので綺麗に清掃しました。
内部にあるセンサー類もリレークリーナで綺麗にします。
DZRST11.jpg


スピンドルの古いグリスをふき取りセラグリスを塗布します。
DZRST12.jpg


端子類を綺麗にしました、まだコンデンサー交換前です。
DZRST15.jpg



スロットもリレークリーナで綺麗にして接点復活剤を軽く塗布し、
MSXカセットに布を挟んでスロットに抜き差しして綺麗に仕上げます。
DZRST14.jpg



コンデンサー交換後です。
1つ1つコツコツと間違えないように時間をかけて丁寧に交換するしかないです。
DZRST16.jpg


動作確認です^^
動作はバッチリでした!
これから電源入れっぱなしの動作を続けて、よければお送りしようと思います。
DZRST17.jpg
posted by はにはに at 03:38| Comment(0) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三洋 PHC−70FDのフルメンテをしています

S様から頼まれた三洋 PHC−70FD MSX2+のフルメンテをしております^^
サンヨーは久しぶりに見ます!ベルトレスドライブでキーもスムーズで、
内部のバネのおかげで反発力もあり大変押しやすいです。
テープ端子まで装備されていますので、スペックは必要十分なのですが・・・
デザインが良くなかったのか?あまり人気のない機種です^^;
そんな70FDですが・・・これから徹底的にメンテ清掃します^^
DCR70FD1.JPG


DCR70FD2.jpg


連射コントローラーのスライドが日焼けしてますねぇ〜
この部分は確か青色だったはずですね。
DCR70FD3.jpg


早速、中を見てみます!
DCR70FD4.jpg


キーボードのキーは表面からは抜けません!無理すると破損しますので気を付けてください。
裏から分解する事で簡単に抜けます。
DCR70FD5.jpg


キーボードやガワは全てクリーニング屋の超音波洗浄機にて丸洗いです。
ペラペラのビニール(フレキ)は柔らかい布などで優しくフキフキします。
もしもキーが打てない場合はフレキを剥がして中も軽く清掃しないとダメです。
今回はフレキの内部に埃の侵入もなかったので良かったです^^
DCR70FD6.jpg


メイン基板を外した下側も全部外して丸洗いです。
DCR70FD7.jpg


FDドライブと連射スライドなどの部分です
DCR70FD8.jpg


これからコンデンサー交換とコネクターなどを綺麗にします。
DCR70FD9.jpg


まずはスロット清掃から〜
リレークリーナで清掃して、
接点復活剤をスロットに軽く塗布します、
その後の処理は、MSXカセットを分解したものに布を巻きつけて
ROMを何度も抜き差しして余分な接点復活剤を拭き取ります。
DCR70FD10.jpg


端子もコンセントも綺麗に磨きます^^
端子内部もリレークリーナで清掃して接点復活剤を軽く塗布して細い綿棒で拭き取ります。
DCR70FD11.jpg


クリーニング屋にあった薬剤を拝借して(笑
軽く磨きました^^
スライドも本来の青になりました!
DCR70FD14.jpg


FDドライブです、動作確認していた時に、
どうも不安定でエラー起こしていたので・・・
何やらこのコンデンサーが片方外れてました・・・^^;
半田が不自然に盛られているので、既にサンヨー製に交換はしたようですが、
TK製に交換しておきますね。
しかもこの部分に付いている元のコンデンサーは全て4級塩です。
特に抜けやすいのが下の1つです、このコンデンサーが抜けると読み込まなかったりします。
上の3つも後々、徐々に抜けてきますので必ず交換してください。
DCR70FD12.jpg


FDDコンデンサー交換後
DCR70FD15.jpg



ヘッド部分なども綿棒などで清掃して、スピンドルの軸の古いグリスを綺麗にふき取り清掃し、セラグリス等を塗布すると良いです。
DCR70FD13.jpg


コンデンサー交換後です。
DCR70FD16.jpg


それなりに綺麗になったかと思います。
サンヨーはガワに傷が付きやすいんで^^;
DCR70FD17.jpg


細かいチエックして全てOKでした^^
RGB端子も問題なく綺麗にバッチリ映ります!
コンデンサーの容量を間違えるとRGBの色が変わってしまいますので、交換する時は気をつけてくださいね。
DCR70FD18.jpg
posted by はにはに at 03:00| Comment(2) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

MSX turboR STのフルメンテをしています^^

今日はW様から頼まれたSTのメンテをすることにしました!
以前のW様とは違います^^;

今回もかなり綺麗なSTです、慌てず丁寧に扱わなけば。。。
パナの金色のロゴは使えば使うほど薄くなりやすいので、
見ただけで状態が良いのがわかりますね^^
キーが少し浮いてる箇所がありましたので・・・
綺麗に清掃されてから送られたと思われます。
ST.JPG


早速、開封してキーボードの中清掃から始めました。
開封する時も底面のネジを外して左後ろから少しずつ外していきます、
無理に外すと割れたりしますので気を付けて。
キーボードの裏は少し埃たまっていましたので清掃して、
フレキの内部も軽く拭くぐらいにしておきます。
キーボード清掃.JPG



キーを押すと少しキコキコと不快な音がする場合がありますので、
シリコンを綿棒に塗布して軸にかるく塗布するとスムーズになります。
特に上下左右キーとスペースキーはよく使うので定期的にシリコン塗布がお勧めです。
キーにシリコン.JPG



ドライブのベルトは交換されているとの事でしたが、念のためチエック致しました。
やはり劣化して切れたベルトが残ってましたねぇ〜(笑
この切れたベルトが絡んでプーリ回らなくなることがあるので、
劣化したベルトの取り残しには注意です。
ベルトが残ってます.JPG


パナのドライブには実は内部にセンサーがあります。
写真の赤丸の部分付近にセンサーがあります。
ディスクを入れるとこの部分にあるセンサーが押されて、
ディスクが認識され読み込まれるのです。
ですので、ここのセンサーが劣化しているとディスク入れても何も反応がない場合があります。
このような場合は、リレークリーナーなどで清掃すると大抵の場合は復活できます。
センサーはここ.JPG


端子類やコネクタも綺麗に磨きます。コンセントのケーブル清掃して先端も綺麗に磨きます。
端子清掃.JPG


コンデンサー交換前です。
コンデンサー交換前.JPG


コンデンサー交換後、
コンデンサー交換後.JPG



最後にスロットも綺麗にします、
リレークリーナーなどを布に塗布して、MSXカセットを抜き差して清掃します。
ガワは特に汚れてませんでしたので、
アルコールティッシュなどで清掃、除菌してキムワイプ等であとが残らないように綺麗にふき取ります。
スロット清掃.JPG
posted by はにはに at 19:23| Comment(4) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

MSX turboR GT2台にST2台の修理を頼まれました^^

出品していたGTもX1のデーレコも無事に終わりました^^
本当にありがとうございました。
特にGTやSTのドライブはカビディスクに弱いので無事に動いているかなぁと心配になってますが^^;
何か問題ありましたらいつでもご連絡下さいね。

ありがたい事に、私に休む暇を与えないように?依頼が来ます^^
K様からMSX turbo R ST、GTの計4台修理を頼まれました^^
STとGTの修理はよくあるのですが、
流石に4台は滅多にありませんね。
特にturbo Rはリサイクルショップなどではまったく影も形もなく本当に見かけなくなりましたね。
幾ら探し回ってもありませんねぇ。。

STの方は日焼けしてないので綺麗ですがGTはだいぶ日焼けしてますね。
4台到着.JPG


とりあえずGT1台とST2台のコンデンサー交換を終えました。
コンデンサーはTK、SME、ニチコンになっています。
特にキーボード以外は問題なくドライブも4台とも動きましたので一安心です。
キーボード1台はドータイドでうまく修理できましたが、
もう1台のキーボードは腐食が激しくドータイドでの修理だけでは、
通電があまりよろしくなかったので配線+ドータイドでの修理で事なきを得ました。

コンデンサー交換前は水色のコンデンサーです、
こちらはSTです。
コンデンサー交換前 ST1台目.jpg


こちらは交換前のGTです
コンデンサー交換前GT1台目.jpg



ここから先はコンデンサー交換後です
現在部品がなく部品取り寄せしてますので全部ではありませんが、
NPと大きいコンデンサー以外は全て交換済みです。
ST1台目
コンデンサー交換後ST1台目.jpg


ST2台目
コンデンサー交換後ST2台目.jpg


GT1台目です
コンデンサー交換後GT1台目.JPG
posted by はにはに at 15:23| Comment(2) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

今日はWSXのキーボード修理です

M様から再度修理を頼まれたWSXです。
以前にキーボードの修理を頼まれてフレキ交換して、
あれから2年経過ですが・・・
またキーボードに不具合が出たそうで、
GRAPHキーを押してもいないのに『中』や『百』、『π』といった文字が
表示され、ほぼ全滅だそうで^^;;;

一体何が起きたというんでしょうか・・・
憶測ですが、フレキ内に何か細かな塵でも入ったのかと思われます。
DSasaC00003.jpg


さっそく状態を見るためにコンポジケーブルで音声と映像を繋いだのですが・・・
あれ・・・映像も音も出ていない・・・^^;
コネクターを差しなおしたら映像は出るようになりましたが、
音は出てません。。。
とりあえず中を開けてみました、
とりあえずキーボードの表裏の清掃です。
DSasaC00001.jpg


とりあえずフレキ清掃、
DSasaC00002.jpg


やはり映像と音声が出なかった原因はハンダクラックでした。
半田盛りしてこれで一安心?
DSCgfdgd028.jpg

それでもGRAPHキーが押されている状態になってしまいます。。。
私のフレキに交換しても症状は同じ・・・(滝汗

どうも本体の方のフレキが入るコネクターに塵のようなカーボンのような?黒いものが付着してまして、
GRAPHキーが押されている状態になっていたようです、それが原因でした^^;
一体どこでそんなものが入ったのか謎です。。。
そんなわけでして、たいしたことはなかったのでした。
本日お送り致しますので到着まで、しばらくお待ちください^^
posted by はにはに at 13:22| Comment(6) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

STのフルメンテをしています^^

今日は風邪の調子がよくなってきたので^^
W様から頼まれたSTのメンテをすることにしました!

超がつくほど綺麗なSTです!
これは新品同様品だと思います。
ここまで綺麗だと逆に傷をつけてしまいそうで怖い^^;
Dewr4r44wt1.jpg


中を開けてドライブから見てみます。
やはりこんなに綺麗なSTちゃんでもベルトは切れてますねぇ・・・
ベルトが切れるのはお約束のようです。
Dewr4r44wt2.jpg


綺麗にヘッドやスピンドルの軸を清掃してセラグリスをスピンドルに塗布します。
センサーなんかも奥に隠されてますのでそのあたりも丁寧に清掃します。
Dewr4r44wt3.jpg


STちゃんのマザーです。
これから重い腰をあげてコンデンサーを交換します。
DSdcsaz275.jpg



量が多く、スルーホールからは簡単に抜けないので交換後はヘトヘトです。
Dewr4r44wt5.jpg


メモリーもおまけで増設してみました。
メモリーのレイテンシが違うと不具合が起こりそうで怖いので、
今回は余っていた同じメモリーにつけかえました。
Dewr4r44wt6.jpg
posted by はにはに at 17:27| Comment(2) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

今日はWXをやろうと思ったのですが頭が痛い。。。

今日はW様から頼まれている新品のWXのフルメンテをしようと思ったのですが、
途中でダウンです^^;

プリンターとセットのモデルです。
なんとこれ新品です!
Dweewdwsde4541.jpg


新品だからドライブも動くんだろうな〜?
なんて思っていたんですが、ギュイーンって音がしてドライブ動きませんでした。。。
やはり新品でもベルトは伸びてしまうようです。

早速中を開けてみてみました、やはりベルト切れていました。
ベタベタでしたので早速、除去して交換です。
Dweewdwsde4542.jpg


ベルトは特別に作ってもらっていますので、沢山あります。
最近ナナコ様のターボR STの整備をしたのですが、ディスクが読み込めないということで、
戻ってきてしまうのでした。。。
内部を見たらベルトが伸びてしまっていました。。。
このベルトは最近作ってもらったもので耐久性も間違いない物だと思うんですが、
フロッピーディスクの状態によっては、特にディスクの窓から見てカビがなくても、
回る金属の部分がカビに侵され回る部分が重くなってベルトに負荷が場合があるのかもしれません?
ディスクの状態やカビなどでもベルトが伸びるトラブルもあるのではないかとずっと考えておりました。

そんなわけでベルトにどのぐらいの負担がかかっているのかを調べるために、
フロッピーディスクのデモをSTで5日ぐらい連続稼働してみようと思います。
今日の朝から連続稼働して現在は6時間突破できちんと読み込まれています。
Dweewdwsde4544.jpg



STはしばらくこのまま電源入れっぱなしにしてWXの整備に戻ります。
基板はこんな感じです。
急に頭や関節の節々が痛くなってしまい、風邪か・・・。
コンデンサー交換する力もなくなり^^;
ダウンしましたのでしばらく休憩します^^;

Dweewdwsde4545.jpg


少し寝てまた起きて全部交換を済ましてまた寝ました。
DSsads6544.jpg
posted by はにはに at 19:55| Comment(8) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

SONYのHB-F1XV、XDJのコンデンサーは液漏れします

SONYのHB-F1XVの修理をしています、
XVやXDJのコンデンサーは液漏れしないから交換しなくて良いとか、
熱加えて基板痛めるだけだから無駄に交換するのは馬鹿だとかタコだとか言われます。
タコでも馬鹿でもアホでも結構(笑
なんと言われようと私は交換します。
だってこんだけ漏れてるんですよ・・・
今は運よく漏れてなくても使えば漏れていきます。
4級塩のコンデンサーですから。
De2Ssdfdse1.JPG


基板もすでに液漏れで傷んでいます。
コンデンサーの液漏れが回路周辺を巻き込んで抵抗まで破損されているのを何度も見ています。
De2Ssdfdse2.JPG
posted by はにはに at 14:23| Comment(22) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

MSXのカセットを修理してます^^

今は親父がメンテしたLDプレイヤーのチエックをしています。
見たくもないカラオケの映像をひたすら見てます。
見てるだけの仕事ですが、これが非常に苦痛だったりします。

今日の朝に届いたMSXのカセット・・・
これは一体なんなのだろうなぁと私にくれるのかなぁと思いきや、
メールを見たら動かないから見てくださいとのこと。

テトリスですMSX2版のようです。
DSsawe151.jpg


掃除もそれなりにされているようです・・・
早速手持ちのWXに指してみましたが・・・
なぜか動かない。。。
DSsawe152.jpg


すでにカセットの中は開けられるているとのことで私も中を開けてみました^^
とりあえず、シンナーでゴシゴシ、もっと強いシンナーでゴシゴシ、
最終手段!研磨。。。(汗
ゴシゴシ、それでも動かない^^;
DSsawe153.jpg


やはりこのセラコンが怪しいと思い、
テスターで調べてみたらまったく反応なし。
通常なら反応するはずなんだけど。
とりあえず中古の余ったセラコンに交換。
DSsawe154.jpg


なんとか動くようになりました!
音楽が懐かしいですね!!
でもパズルゲームとかは超苦手です^^;
コラムスとかぷよぷよとかも超苦手です。
クオースみたいなシューティングみたいなのは好きですが。

学生時代に友人とゲーセンでよくやったセガのテトリス、
極めた友人はレベル99でブロックが速攻で落ちるだけの状態でした。
全部消せるという永遠に終わらない状態になるのを何度も嫌というほど見せつけられてました^^;
教えてくれと言っても、
できない人にはできないからと言うだけでした(私みたいなバカには教えても無駄という意味か^^;)
何かコツがあるんだろうなぁと思いますが、
コツだけじゃ無理だろうなぁ、
才能だろうなと、いつも思ってました。

DSsawe156.jpg

DSsawe155.jpg


中古のセラコンではあれなので^^;
新品をマルツか千石で取り寄せして交換してからお送りしますね。
posted by はにはに at 16:21| Comment(18) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

やっと一段落終えて98DO整備しようかと思いきや

MSX ターボRのフルメンテを頼まれました。
私に暇を与えない・・・暇人になると何かよからぬ事を考えるから(笑
本当にありがたいことです^^

O様から頼まれてたタボちゃんを解剖です。
ぱっと見は綺麗ですが、よーくみると埃が結構あります。写真だとわからないです。
Dtrtrtrtrtttretr1.jpg


とりあえず、全てバラバラにして洗浄します。
Dtrtrtrtrtttretr2.jpg


内部のフレキもかるくフキフキしながら、
バネをなくさないように大事に保管します。
Dtrtrtrtrtttretr3.jpg


コンデンサーの交換前です。
Dtrtrtrtrtttretr4.jpg


先にベルトから交換します。もちろん純正ベルトへ交換です。
Dtrtrtrtrtttretr5.jpg


内部のセンサーも等も分解清掃してスピントルも綺麗に清掃してセラグリスを塗布します。
Dtrtrtrtrtttretr6.jpg


コンデンサー交換後です。
余っていたので少し高価なオーディオ用コンデンサーも少し入れておきました(笑
スロット1,2も清掃してコネクターなども綺麗にしました。
Dtrtrtrtrtttretr7.jpg


あとは各部チェックです。
キーボード、OK
映像、音声、RGB、OK
カセット端子、1、2 OK
ジョイポート1、2 OK
連射、OK
プリンタ端子、OK
FDD、OK
Dtrtrtrtrtttretr8.jpg

posted by はにはに at 18:00| Comment(14) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

Panasonic MSX ターボR STの延命修理をしています

ななこ様からPanasonic MSX ターボR STの修理を頼まれました。
なんでもメンテ品なのに8割しかFDが読めないそうで・・・?

早速、清掃から始めることにします。
少し斜めになっていた気になるキーがあったので、
清掃しながらキーを5回ほど押したら「ほ」のキーが取れました(滝汗
何かここに物が置かれたのか?負担がかかっていたと思われます。
これは後で分解して直すことにします。
DSC04417.JPG


FDを入れ電源を入れてみると、変な音がします、いつもの音と全く違い違和感が。
明らかに何か違うベルトが使われている、そんな音がします。
もう、中身見たくてワクワクが止まらない(笑
純正以外のベルトか特注のベルトを使わないと、
中には読めないゲームも稀にあるのになぁと思いながら、
ドライブの内部見たら・・・・これには驚きましたよ、なんと丸ベルト?
いやOリングとも言うべきか・・・
このベルトは髪の毛を束ねるには丁度いいかもしれませんね(笑
DSC04418.JPG


ここは純正のベルトに交換しましょう。
まだ若干清掃が甘いようで綿棒にまだ黒い汚れが付きます、
ベルトクリーナーでガイドローラーも綺麗にします。
DSC04419.JPG


今度は反対側のスピンドルモーターですね。
この部分にはグリスなど何もついてなかったので綺麗に清掃してセラグリスを塗布しました。
センサーなどの接点も綺麗にしました。
DSC04420.JPG


メンテ品?なのにコンデンサー交換も何もされてないように見えます・・・
いや気のせいかな・・・?
どうやらメモリだけは積んであるようですが。
DSC04421.JPG


1つ1つ丁寧に全部コンデンサー交換しました。
あとはDr、メタル等で端子等を磨きます^^
DSC04429.JPG


キーボードを分解して、清掃して組み直しと完成です。
やはり純正のベルトは違いますね、音のほうも若干ゲインが高くなり聞きやすくなりました^^
DSC04431.JPG
posted by はにはに at 20:52| Comment(10) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

MSX2 F1-XDを修理しています 続き

F1-XDを修理しています。
前回の出続きです。

コンポジの映像が出ないので丹青で注文していた
CXA1145Mが届いたので交換してみたのですが、
やはり足が折れたのは音声関係だったので音は出るようになりましたが、
映像は相変わらず出ません。。。
そんなわけで原因はもうインバーターしかありません。
BU4069も交換してみました!半田大盛です^^;
dssadsadqewr.jpg


だが、しかし・・・
映像は出るようになったのですが、
妙な色しか出てませんRGBといった感じの色がでてますね・・・
プローブを当ててY信号の波形になっていますし
16pと18pで位相ずれもなさそうです・・・
あと疑うのはクロックですね。。。
いや違うか・・・チップ抵抗も全部交換してからですね。
それにしてもこのXDは、かなり手間のかかる子ですね(笑
嫁曰くそんなもん捨てちまえ!
男なら!潔く!粗大ごみに捨てちまいなっ!
そんなわけで捨てることを決意しました(爆
sadaswqdwq.jpg
posted by はにはに at 21:11| Comment(2) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

MSX2 F1-XDを修理しています

XDの修理をしています。
全てのコンデンサー交換して抵抗なども全て交換しました。
しかし、音は出ているがコンポジの画面が出ないのです・・・
これはエンコーダー関係がたぶん?やられているようなので、
思いきってチップを外してみることにしました。
外すときにチップ抵抗も取れてしまい・・
あまりにも小さいので付けるのに大変でした^^;
Dtrhi501.jpg


なんとか取れました。
少し触ったら足がガタガタしていて1か所足が取れてしまいました・・・
やはり、これが原因だったようです?
CXA1145M、RGBエンコーダーです。
データシートを見てみるとRGBをコンポジに変換するエンコーダーだそうです。
ここから信号が取り出せるわけですね。
メガドライブなどにも使われているチップのようです。
タンセイに沢山売ってるようなので早速、注文入れました。
お正月なのでしばらくパーツが来ませんので今日はここまで。
Dtrhi502.jpg


最近見たネタでびっくりしたのですが、
中国などで作られているコンデンサーはこんな偽装コンデンサーがあるらしいです!
もう開いた口がふさがらないですね。。。
偽造.jpg
posted by はにはに at 15:29| Comment(6) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

ソニー HB-F1 II 延命失敗、しかし弁償で何とかなりました^^

T様より、ソニー HB-F1 IIの延命を頼まれました。
以前に1度だけ延命を頼まれてうまいく出来たので自信をもって引き受けたのです。
しかし延命だから簡単にできるだろうなんて思いますが、
実際にやってみるとそんなに甘いものではありません、
逆にお金を支払うことになる事もしばしばあります^^;;;
しかし、ここで救世主が現れなんとかなりました!

DSC01394.JPG


まずはアダプタ−から
コンデンサー交換前
DSC01395.JPG

コンデンサー交換後
DSC01399.JPG

フレキ掃除と
キーボードは軽く丸洗いして超音波洗浄機にかけます。
DSC01407.JPG


マザーのコンデンサー交換前
交換前.JPG



マザーのコンデンサー交換後
交換後.JPG


うまく交換できたので組み立てたら、
スピードコントロールがまったく効きません^^;
仕方がなく原因を探るためにコンデンサーを1つ戻しては動作確認、
1つ戻しては動作確認と30回以上仮組を繰り返したのですが・・・
全てもとに戻してもスピードコントロールが効きません・・・
届いた時にスピードコントロールの動作確認忘れたため・・・
始めから壊れていたのかわかりません^^;
なんだかんだと数時間、基板とにらめっこして
どうにもならないので^^;
もう最後の手段XDとニコイチに入りました、(泣
しかしここで救世主、澤様のご登場で、なんとか動くようになりました。
「俺は戦う。なぜなら俺は救世主だから」とかなんとか言いながら直してくれました(笑
創聖合体アクエリオン!(何のこっちゃ・・・
冗談はさておき本当に助かりました、ありがとうございました。
また今後もご指導宜しくお願い致します。

しかしその後また壊れてしまうのでした^^;
結局は澤さんのF1Uを私が買い取り依頼者の方にお送り致しました。

最後まで責任をもって手抜きせず1品1品きちんと仕上げておりますが、
当然20年以上も前の古い製品です、
少し弄っただけで破損することもありますし、
当然、失敗することもありますので、
弁償することもあります。
posted by はにはに at 16:21| Comment(25) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

SONY MSX2+ XVの修理+メモリを元に戻す修理をしました。

今年も残すところあと数日、皆様には本当にお世話になりましたm(_ _)m
これでなんとか年を越せそうです。
F様よりSONY MSX2+ F1-XVの修理+メモリを元に戻す修理を頼まれました。
ヤフオクで購入したそうなのですが、最初は動いていたが数週間ほどで動かなくなったそうです^^;
電源入れても画面がまったく出てこないそうで。。。

どうせ漏れてるんだろうなぁなんて思いながら全てコンデンサーを交換したのですが画面がまったく出ません(><)
コンデンサーは1個ぐらいですが重要な表面実装のみ交換されてました。。
どうやらメモリは512KB?ぐらい積まれているようです。
これは腕がないとできないですね、まさにプロの仕事です!
でも動かないのはなぜかのか・・・^^;
せっかく綺麗に積んであるのに何故か動かない。。。
RAM1.jpg

RAM2.jpg

なんとか生かそうと再度半田盛りしたりして努力したんですが
メモリが故障しているのか?残念ですが何をしてもダメでした。

もう動かないのではしょうがないので元に戻すことを決意しました。
最近は老眼が進んでこれ外して再度半田盛するだけでも私にとっては一苦労です^^;
RAM3.jpg


こちらも外していきます。
RAM4.jpg


元に戻すことになるとは残念。。。
RAM5.jpg


元の64KBのメモリを入れました。
RAM6.jpg


なかなか取れなかったので上に載っていたメモリはニッパーで切りました。
RAM7.jpg


やっと元に戻したら画面を拝むことができました^^
RAM8.jpg


残念ですがメモリはゴミ箱いきです・・・・
RAM9.jpg
posted by はにはに at 02:08| Comment(18) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

MSX ターボR STの延命修理をしています

K様より頼まれたターボR STの延命修理をしています。
経年の割にロゴもまだありますし、そこそこ綺麗だと思います。
errturbe1.JPG

まずはキーボードから分解、
フレキやキーボードを綺麗に清掃します。
errturbe2.jpg

キーボードはバネも全部取って、本体のガワも全て取れる部品は取って超音波洗浄機で綺麗にします。
errturbe3.jpg

トランスの下なども汚れてますので全て分解清掃します。
errturbe4.jpg

ドライブのベルトが経年で少し伸びていたのが読み込まない原因です。
ベルトのカスがまだ残っていて清掃が甘いですね・・・
errturbe5.jpg

新しいものへ交換。もちろん純正ベルトです。
errturbe7.jpg

スピンドルにもセラグリス、各部清掃、各センサーなども忘れずに接点掃除。
errturbe6.jpg

コンデンサー交換前。
errturbe8.jpg

コンデンサー交換後
端子磨き、サビていたのスロットも綺麗に内部も研磨、
基板も清掃、これで安心^^
次はX1ターボのデーレコ2台修理です
頑張らなくては!
errturbe9.jpg
posted by はにはに at 18:24| Comment(2) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

アイワ データーレコーダーの修理

お世話になっております、さくら様から、
アイワのデーターレコーダーの修理を頼まれました^^
サンヨーではなくアイワですね。

早速、届いたので動くかチエック。。。
まずカウンターは回りません。
再生ボタン押すと回る事は回ってますが、
かなり不安定で回ってないような気もします。。。
電源ケーブルがカールしているのも気になります(汗
ケーブルはたしかストレートだったはず。。。
seeDATAR1.JPG


取りあえず、簡単に清掃しながら中を見てみる事にします。
まずは背後から襲っていく事にします(笑
seeDATAR2.JPG


ドライブを外しました、
やはりベルト溶けて色んな所に飛び散ってます(><)
ベルトクリーナーで綺麗に清掃します、相変わらず手は真っ黒になります。
seeDATAR3.JPG


とりあえず真ん中の送りギアのゴムも交換です。
(水道パッキンで代用しました)
ギアの固着はないようなので安心しました。
綺麗に掃除してグリスUPして、カウンターベルトを取り付けます、
カウンターベルトは45の0.9Tぐらい。
seeDATAR4.JPG


フライホイールのベルトも伸びて緩んでましたので溝から簡単に外れてしまいました。
seeDATAR5.JPG



だいぶ伸びてますねぇ、60の1.2T角ベルトに交換(WX、WSX用のドライブにも使えるベルトですね)
seeDATAR6.JPG


コンデンサーも抜けてますので全部交換しました。
seeDATAR7.JPG


動作確認して、これでバッチリOKです^^
seeDATAR8.JPG


少し磨いて、ちょっと男前に、なかなかいい感じです。
seeDATAR9.JPG


もう大丈夫なようですが、PC-88などでも使えますので、
色々なゲームで動作確認取ってからお送りしたいと思います。
seeDATAR10.JPG



posted by はにはに at 19:44| Comment(13) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

WXとGTのドライブは似ているようで実は違います

今回、K様から交換を頼まれたWXとGTのドライブです^^

WXのドライブは太い角ベルトにしてありますので、
かなり丈夫で純正ベルトとは比べ物にならないぐらい長持ちします。
WX.jpg


GTのドライブは繊細でテンションをかけすぎると読み込みませんので・・・
今回は純正ベルトです。
角ベルトだと上手く読んでくれません、
色々と試してるんですが個体差もあるようですが、
市販されているようなベルトだとどれも上手く読めません。
eGT.jpg


GTのドライブとWXのドライブはとても似てますが、
実は違います、GTのドライブをWXに持っていくことは可能ですが、
その逆でWXのドライブをGTに持っていくと読み込む事は読み込みますが、
DOS2のLUNAなどを使う人は常にキャッシュから読み込まれてしまい、
FDから読み込めずに不具合が出ることを確認しています。
posted by はにはに at 00:32| Comment(15) | MSX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする