2019年08月27日

引き続きanasonic FS-A1のメンテを頼まれました^^

当時、私が小学4年生ぐらいでMSX2を買ってもらえなくてよく、
ラオックスのお店に置いてあったFS-A1でMSX2版のドラキュラをよくやっていたのを今でも思い出します^^
Panasonic FS-A1です^^
まず大抵の個体はROMカセットの蓋は無いのが結構多いですね^^;
DSC03548.jpg


まずはアダプターの中にあるコンデンサーを確認、
DSC03544.jpg


この年代のは漏れないが念のためコンデンサー交換です、
ついでにケーブルの根本が断線しかかっていたので修復しておきました。写真撮り忘れたのでないけど。。
DSC03545.jpg



中の基盤です、コンデンサー交換前です。
DSC03546.jpg


コンデンサー交換後です。
コンデンサーの数は少ないので楽ですね。
正直、内部清掃やキーボードの分解清掃のほうが遥に手間と時間がかかりますね。。。
この綺麗に清掃することは、とても大事なので手は抜かないようにしています。
端子類も綺麗に磨いて、コンセントのケーブルや先端も綺麗に磨きます。

この世代のコンデンサーは漏れるようなのもないですけど、
フルメンテなので清掃しながら全交換です。
それとROMスロット2は腐食でROMカセット入れても読まないので、
スロット端子2は別の端子と交換して無事にROMカセットも一発起動になりました。
DSC03547.jpg
posted by はにはに at 01:57| Comment(2) | 新品再生を始めたきっかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カセット蓋は3Dプリンターで作れるみたいです
http://nuneno.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-d265.html
Posted by daiki at 2019年08月29日 16:29
daiki様^^
なんと!3Dプリンターで作ってしまうとはw
最近の技術はほんとに凄いです!
Posted by はにはに at 2019年08月31日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: