2016年06月12日

こんな車がBMWでデザインできるなら本当に走れるスーパーアスラーダも作れそうな気が・・・

BMWが子供の意見をすべて反映させた車を考えてみたらこうなった
この車は、4歳のイーライ君という少年が語った夢の自動車を、BMWがデザインしたものです。車の名前は「4219ELi」42のタイヤと19のエンジン、そして発案者のイーライの名前を取り名付けられました。
・車体はBMW
・タイヤは42輪でもちろん42輪駆動
・エンジンはポルシェのエンジン19基、それぞれ459馬力
・運転席は3つでそれぞれ同時に運転できる
・そして、トランクにはいっぱいのおもちゃが詰まっています。

トランクにいっぱいのおもちゃは、よーくわかります^^
私ならレトロPCやレトロゲームを沢山積んで欲しい(笑
運転席は3つでそれぞれ同時に運転できるって?ん?^^;
車体はBMWなのにポルシェのエンジン19基(笑

DSC08565494.JPG


1/1スケールの走れないスーパーアスラーダや、ラジコンやミニ4駆とか、
公道を走れるレンタルカート、アキバカートとかはもういいです^^;

サイバーフォーミュラのアニメが放送されたのはもう25年も前のことです、
人間が乗って走れるリアルなスーパーアスラーダもBMWの力で作ってほしいと思いました!
DSC08594.JPG


既にアスラーダGSXに似たのはあるんですねぇ^^;
空気抵抗とか考えたらこの形になるんでしょうかねぇ・・・
fefremk58.jpg


posted by はにはに at 14:03| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レースアニメと言えば自分がそれこそ幼稚園のころやってたと思うのですが「超スーパーカーガッタイガー」というのがありまして、レースの最後にチームの5台のマシンが文字通り合体してゴールするという謎アニメがありました。
スコアはどうなるんだろう・・・
Posted by ペケマン at 2016年06月12日 20:23
P.S そのガッタイガーのOP/EDの動画のリンクをホームページアドレスにリンクしておきます。
Posted by ペケマン at 2016年06月12日 20:28
ペケマン様^^

こんな濃いアニメがあったとは初耳ですよ!
もうそのアニメはレースアニメではなくロボットアニメですねぇ(笑
私がはじめて夢中になったレースアニメはよろしくメカドックです、そのあとがサイバーフォーミュラですね。
レースアニメだけでなく、姫ちゃんのリボンやママレードボーイも好きですけどね^^;

Posted by はにはに at 2016年06月12日 21:12
自分にとってアスラーダと言うとこのGSXなんですよね。
なにしろたった二回しか見たことなくて、しかも二回ともブリード加賀がでていたような。
ハヤト離れてくれ!私が壊れる!
ってアスラーダの台詞と、ほぼスクラップになったマシンでブリード加賀が帰って行くシーンだけ覚えています。
Posted by ペケマン at 2016年06月14日 22:49
ペケマン様
GSXがランボのヴェネーノにそっくりなんですよねぇ・・・限定3台なので石油王でもない限り乗れませんが^^;
加賀さんは最後の最後までハヤトのライバルですからねぇ。加賀さんのしている、三角のイアリングがすごくかっこいいと思いました。
https://www.acos.me/products/detail.php?product_model_id=12876



私はハヤトにいろいろ教えてくれた大友さんが一番すきだったりします(笑

Posted by はにはに at 2016年06月15日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: