2016年01月02日

98用の外付けHDDと外付け3.5インチドライブを分解清掃、修理延命しています。

98DO+と一緒に頼まれていた、
98用のHDDと3.5インチドライブの内部です。
ロジテックのHDDです。ネジがなく爪で引っかかっていて蓋が外れず、
分解するだけでもかなり大変でした。
DHDD1.JPG


DHDD2.JPG


外付けHDDの電源部ですコンデンサー交換前です。
HDD交換前.JPG


外付けHDDの電源部、コンデンサー交換後です。
手持ちのコンデンサーだと上の蓋とのクリアランスがギリギリでしたがなんとか収まりました。
小型ファンにも埃がびっしりでしたので綺麗に清掃致しました。
それでも、昔のHDDなので起動すると音が煩いですね^^;
HDDの方は問題なく起動しました^^
HDD交換後.JPG




あとは肝心な3.5インチFDDダブルドライブです。
1.44モードがあるので1.44も読めるようです^^
98DO+と繋いて、本体のディップスイッチSW1-4をONにして外付けを優先にしましたが、
ゲームが起動したり起動しなかったりと不安定で途中までしか起動しません。。。
これは嫌な予感がします^^;
まずは電圧が低下している気がしましたので、
FDDの電源部のコンデンサーから交換です。
交換前です、この私の知る限りでは容量抜けしやすいコンデンサーです。
ドライブ交換前.JPG


交換後です、ひとまずこれで安心^^
ドライブ交換後.JPG


ドライブ内部清掃とグリスUPしてセンサーも分解清掃します
FDD4.JPG


こちらのドライブも綺麗に清掃、偶然にもSONYのドライブでした!
私の所にちょうど同じドライブの代替品があるので故障しているようなので交換してなんとか事なきを得ました。
FDD3.JPG


なんとか外付け3.5インチドライブでハイドライド3が動くようになりました!
★本体のディップスイッチSW1-4をONにして外付けを優先することを忘れずに!
今テストしていますので、もう少しガワなどを綺麗にして明後日ぐらいには発送致します。
saigo .JPG
posted by はにはに at 18:30| Comment(18) | 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この外付けHDDは結構凝った作りですね。
外付けHDDに関しては電源ボタンが背面付きがほとんどですから。

容量は多分512MB〜128MBぐらいですかね?

外付けFDDはエレコムの奴ですね。
この1ドライブの物を使用していました。

当時はDOSにドライバーを組み込む事が理解できない
1ドライブで使い勝手が悪い・・・という事もあり、すぐ売り飛ばしましたw

SONYのFDDですが後期98内蔵に使用されているFDDと
比較したらドライブナンバーのジャンパーがありませんね。
多分DOS/V用では?と推測。
もし画像に見えないところにあったらすいません。
Posted by ぽにー at 2016年01月02日 19:34
ポニー様。
HDDは120メガみたいですね。
発売当時は7〜10万ぐらいしたかもしれませんね?
確かに言われてみればボタンが前にあるのは使いやすいですね^^

1ドラのFDDは私も持ってましたがゲームなんかやるのにWIZARDで毎回メディアコンバートばかりして本当に使い勝手が悪いので私も即売り飛ばしましたよ!

このSONYのドライブはドライブナンバーのジャンパはスライドスイッチのようなものになっていて、そで切り替えできますね、このドライブは本当に9821後期のFDDにほぼそっくりですね、1.44も使えるのでDOS/Vにも使えますね。

Posted by はにはに at 2016年01月02日 20:00
外付けHDDに使われているのは、懐かしいQuantumのHDDですね。
世代的にPRODRIVEシリーズのどれかかな?

外付けFDDは、使われているドライブが
ユニットごとに千差万別ですよね。

SONYのFDDを採用は比較的珍しい気もしますが。
1.44MB対応の末期世代は製品ごとにばらばらなので
なんとも言いがたいですね。
Posted by sakohiti at 2016年01月02日 22:44
>はにはにさん
HDDは120MBですか〜
当時の金額はそれ位しましたよね。

今じゃ3TBが1万程度ですから時代を感じられますね。
20年は経過しているのによく生きていましたねw

FDナンバーはスライドスイッチですか・・・
ほぇ〜初耳ですw
SONYの奴は手持ちのFDとよく似ていますね。

>sakohitiさん
おー今は亡きQuantumですか。
裏面の基盤でよくわかりましたねw

確かに外付けFDDは開腹するまでわからないですよね。
Posted by ぽにー at 2016年01月02日 23:06
お正月から精が出ますねぇ〜^_^
両脇にドライブを増設されたDOプラスはなかなか迫力がありますね。今となっては贅沢な道楽、羨ましい限りです。
写真にある、はにさんの使い分けられているツールも気になりますな。先曲がりニッパーとかタミヤのグリスなど、専門家の使うものは色々と参考になります。
祝・商売繁盛!でもあまり無理をされないでくださいね〜^_^
Posted by 獣 at 2016年01月03日 13:11
sakohiti様^^
そうですQuantumのHDDです!
この時代はQuantumのHDDばかりでしたね。
どのシリーズだかわかりませんが
回転音がすごいです・・・

外付けFDDこそ本当に色々なメーカーが作っていて多種多様でロットも色々ありますね。
3.5だけでなく5インチも含めたら本当にかなりな数がありますね。






Posted by はにはに at 2016年01月03日 13:19
ぽにー様^^
よくHDDは生きていたなと思います。
放置してると固着して回転しなくなってご臨終か、
使い過ぎてヘッドが壊れるかのどちらかですからね。
外付けは色々なタイプがありすぎて把握できませんね。。
Posted by はにはに at 2016年01月03日 13:49
獣様^^
DO+もとてもいいですが古いゲームやる人はV30搭載のDOも捨てがたいです。

痛車プラモとか作るのが好きなので、エアーブラシが3台、ダイヤモンドヤスリとかニッパーなんかもかなりな数を持ってます。
道具は選んで用途別に使うのがいいのでしょうけど、そこは腕でカバーですね。
昔は安物の1000円のハンダコテでオーディオ用のRACケーブル作ってヤフオクで売ってた時もありました^^;
その時にもっと使いやすいのはないかと、
秋葉の道具屋で探したのがきっかけで1度高級な道具を使うと本当に快適で戻れないことを知りました。

師匠から、ないものは自分で作れ!と言われましたが、昔の旋盤などが使える人は自分では刃物とか作るそうで・・・
自分で作らなくても、今は右から左まで良い道具がありますからね^^
Posted by はにはに at 2016年01月03日 14:17
>放置してると固着して回転しなくなってご臨終か
なぬ!我家には新品で購入してストックしているHDDがありますw

使用していないとそうなってしまうとは・・・

1年に1度ぐらいは電源入れた方が良さそうですね・・・

情報ありがとうございます。
Posted by ぽにー at 2016年01月03日 22:08
ぽにー様!
なんとデットストックHDDが眠ったままですか!
それはかな〜り危ないですね^^;;
1度は電源入れて回してあげてくださいね。

X68のサジーのHDDを開けて、
固着していたディスクの中心部分を手で回して復活させたことがありますが塵や埃が入ってしまい殆どがBADセクタになりましたので^^;
HDDを直すにはクリーンルームが必要かと。。。
まず一般家庭ではHDDの修理は無理ですね。
Posted by はにはに at 2016年01月03日 22:50
>ぽにー様、はにはに様
自分はQuantumのHDDを好んで使っていたので
画像を拡大しなくてもなんとなくわかりました。(苦笑

HDDの長期保管、難しいですよね。
ずいぶん前にあきばおー零に出ていた
日立のSCSI HDD(68Pin)もどこかの保守ストックだったらしく
入手時点で2年前ほどまでの年1回の検査記録が付いてました。
#検査のたびに毎回シリカゲル?を交換して
#袋の封をやり直してたみたいでした。
Posted by sakohiti at 2016年01月04日 10:07
HDDを使わないという選択肢もあります。
http://classicpc.org/cpc_cf-sxsi.html
Posted by daiki at 2016年01月04日 11:52
流石はsakohiti様!
拡大しなくて背面だけで分かったとは凄い!
私なんか裏面のシール見てどこのメーカーだかわかったぐらいですから^^;

>入手時点で2年前ほどまでの年1回の検査記録が付いて>ました。
>#検査のたびに毎回シリカゲル?を交換して
>#袋の封をやり直してたみたいでした。

シリカゲル交換に、検査記録ですか!
貴重な情報をご教授頂きありがとうございます!
私も勉強になります!!
やはり点検は必要なんですね^^
これからはディスクだけでなくHDDも防湿庫に入れておこうかと思います!
Posted by はにはに at 2016年01月04日 14:14
daiki様^^
そんな便利なものもありましたね!
もうすっかり忘れてました、
私が使っているx68ACEのHDDも動かない状態なので
CF化しようかと思ってます。
Posted by はにはに at 2016年01月04日 14:17
QuantamのHDDでも自分が遠目で判別できるのは
この銀色ダイキャストを使っているグループだけです。
#他の(Atlas 10kシリーズとか)はできません。

−−−
検査記録の付いていたHDD、まとめて買いすぎて
チェック出来ないまま倉庫の肥やしと化しているので
未開封のを1つお送りしましょうか?

自分では封入されているものが
本当にシリカゲルかわからない状態なので
はにはに様に記事にしてもらえれば
きっと詳しい人が情報を書き込んでくれると期待してw
Posted by sakohiti at 2016年01月08日 00:25
sakohiti様^^

>QuantamのHDDでも自分が遠目で判別できるのは
>この銀色ダイキャストを使っているグループだけで
>す。
それだけで分かるとは、凄いと思います、
私もマイコンショップで高校1年の時からバイトしてきましたので当時から色々なHDD見てきましたが、覚えの悪い私の頭では・・・
まったく覚えておらず・・・^^;;;

>検査記録の付いていたHDD、まとめて買いすぎて
>チェック出来ないまま倉庫の肥やしと化しているの>で未開封のを1つお送りしましょうか?

この貴重な情報だけで本当に感謝しております!
流石に頂くのは申し訳ないので辞退させて頂きます。

ほぼ100%シリカゲルで間違いないでしょう^^
sakohiti様がご教授くださったことで、思い出した事があります。
だいぶ昔に秋葉のコムサテライト3号店(COM3)というお店の店員さんがHDDを袋から出してシリカゲルを交換しているのを見たことがあるのを思い出しました!
静電気防止袋に乾燥剤と一緒に入れて保管するのが一番ですねあとは衝撃を加わえても大丈夫な箱に入れておけばOKだと思いますので^^
知っている人は当たり前の事かもしれませんが・・
今後保管するにあたって、とても大事な事ですね。
Posted by はにはに at 2016年01月08日 01:46
sakohitiさん
>入手時点で2年前ほどまでの年1回の検査記録が付いてました。
>検査のたびに毎回シリカゲル?を交換して
>袋の封をやり直してたみたいでした。
なる程・・・そういった管理方法があるんですね。
情報ありがとうございます。

参考にさせて頂きます。

デッドストック状態のHDDは最高で多分10年近く経っていそうw
どれぐらい生き残っている事やらw

内訳
IBM 20GB×3台(後期PC98用)
Seagate 80GB×8台(WIN9*系ゲーム用)
日立 2TB×5台(WIN2000XP系ゲーム用)
↑特に海門HDDは買い込みすぎだろwオレw
Posted by ぽにー at 2016年01月08日 22:38
ぽにー様^^
2TB5台・・・・
まるでFTPサーバーのようですね(笑
Posted by はにはに at 2016年01月10日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: