2015年06月13日

SHARP CZ-8RL1のデーレコの修理が何とか終わりました^^

今日もSHARP CZ-8RL1の修理をしています。
お猿さん以下の友人Aと共に修理しています(笑
デーレコはベルト交換して再生、早送り、巻き戻しが出来ているから大丈夫だと思ったら、
それが大間違いなんですよねぇ。。
繋いでデーターをロードするとエラーばかりでゲームにならないんですよね。
特にBASICのプログラムのロードはできても、
ある特定のマシン語などのゲームは安定しない事が多いですね。

もう一度見直しも含めてベルトの交換や抵抗やコンデンサー周りも更に良い部品へ交換しなおしました。
なんだかんだとギアやバネなどの部品殆どすべてを分解して全部綺麗に清掃し直して組立直したら、
あっさりと安定して読み込めるまでになりました^^
ノイズを少なくすることがコツのようで
今回何度も実験しているうちにある程度わかったような気がします。
DSerere1C00002.jpg


CZ-8RL1と一緒に送られてきたNRCのDR330の修理もしました^^
修理のコツを掴んだので^^
こちらも安定してエラーもなくロード完了できるようになりました。
5回ともロードを繰り返しましたがとくにエラーもなく安定していますが、
まだ心配なのでもう少し様子を見てみる事にします。
DSerere1C00001.jpg
posted by はにはに at 17:03| Comment(4) | x68000 , x1,mz系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ぷちこ (Wカセット! オートリバース機能搭載!!)
です、こんばんは。

データレコーダは実際に使った事は無いんですけど
ちょっと思いついたのは、プログラムデータを読み込んだ後に
BGMをテープで再生するとよさそう。 メモリも浮くし!
そういう使い方をしたソフトは出たのかな?
Posted by ぷちこ at 2015年06月16日 19:31
ぷちこ様^^

Wカセットではゲームのコピーはなかなかうまくいかないんだそうです。
同じデーレコを用意してレベル調整してコピーするとうまく取れるらしいですよ^^
ナカミチドラゴンを2台用意すれば完璧にコピー取れるかも高いけど。。。(笑

プログラムデーターを読み込んだ後にテープから音楽が流れるのは聞いたことがないですねぇ。
音楽も流す事は当然できますが。。。
DATAを読み終わった後に自分で録音して入れるしかないですねぇ(笑
Posted by はにはに at 2015年06月16日 20:49
ニコニコ動画で、MZ-700でA面にプログラム、B面に音声データと入れて、アイマスのオープニングを無理矢理再生するものがありましたね。
Posted by ペケマン at 2015年06月16日 22:34
ペケマン様^^

MZ-700でアイマスのオープニングですって(爆
面白そうなので後で探して見てみます!!
Posted by はにはに at 2015年06月16日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: