2015年01月24日

PC-9801CVの修理

いつもお世話になっているT様から頼まれた、
PC-9801CVの修理をしています。

ディスクをまったく読み込まないという症状だそうで^^;
CVは当時のバイト先、マイコンショップ川口で見たことあったような?なかったような・・・
触った事はありません。。。
CVはもともと茶色ではなく、灰色なはず。。。
日焼けサロンにでも行ってきたのかというぐらいにこんがり焼けてます。
まぁCVはこのぐらい焼けているほうがCVらしいような気がしますが・・・

DSC01282.JPG

FILES⏎と打ち込んでみましたがまったくディスク読み込めません><


早速、開けてみようと思ったのですがネジが見つからない。。。
筐体をグルグル見ながら30分・・・「開けCV!」でガコっと開きました・・・
冗談はさておきネジ4本で止まってるだけでした^^;
やっと電源部を外しました。
DSC01284.JPG


下の基板もバラバラにしたいのですが。。。
まったくわからず考える事1時間なんとか下側を分離できました。
DSC01286.JPG


ドライブからご開帳ですw
DSC01287.JPG

開けるのに分からずこれもかなり苦労しました。
なるほどねぇ〜センサーがあるのね。
コンデンサーも小さいからすぐ抜けそうなので交換しました。
かなり汚れていたので綿棒200本を使い切りました、
センサーに接点復活剤を注油、セラグリスで駆動部分、全てに注油しました。
かなりスムーズにドライブが動くようになりました^^
丁寧にやったので1台3時間2台で6時間かかりました。
1度目は仮組して、いまいち読み込みが悪かったので
更に清掃し直して6時間でドライブだけで合計12時間ぐらいかかりました。
DSC01289.JPG


これがCVのマザーです!コンデンサーは殆どありません。
幸い2次電池は液漏れしてませんでした。
とりあえずCR2032ホルダ仕様にしておきました。
背面スロットカバーを外すと交換できるような位置に付けておきました。
DSC01296.JPG


一気に電源部も仕上げます。
これも開けられなくて苦戦しました^^;
開けてビックリ玉手箱です・・・
オレンジのコンデンサーが大量です、4級塩だと思われますので即交換です。
DSC01297.JPG


とりあえずコンデンサー交換しました。モニターの電源と一緒なのでかなり沢山あります。
コンデンサーの耐圧上げて、熱が発生しそうなのでコンデンサーの量を少し少なくしました。
DSC01298.JPG


完成です!これで安心!
DSC01291.JPG


DSC01293.JPG


FM音源も出ます!
DSC01299.JPG



しかしタウンズのUXに似ていますね・・・
タウンズの方が後発だからタウンズの方が真似したのかと思いきや・・・
マックやIBMでもこのような形のマシンがあったそうで・・・
下記はT様のコレクションの写真です相変わらすごいです!
CVはマックに似てるんですねぇ〜
IBMのPS/55というのがあったそうですが現在、行方不明らしいです。
次はテラドライブを見ますので送ってくださいね〜(wwww
P1200058_R.JPG

posted by はにはに at 02:52| Comment(2) | 9801 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
CVコンパクトでいいですねぇ・・
LVのおかげで3.5インチ系が小型化できて、LV/UV/CVの省スペーストリオが、NECのパソコンフェア?かなにかで展示されていたような?本体がグレーということは、キーボードも専用でしたっけ?あまり覚えていません・・並べてみるとマックと同じ大きさにこだわってるみたいで^^;

ブラウン管内蔵のモデルは、怖くて素人は手を出せませんねぇ・・ドライブだけで綿棒200本も使うとは、やはりプロは根性が違います、驚きです@@
Posted by 獣 at 2015年01月27日 11:34
獣様^^
CVは良いですよねぇ
私も欲しくなってしまいましたよ!
キーボードも専用のがありますが
今回は送ってもらえなかったので、手持ちのキーボードを使いました。
並べると本当にマックを意識しているようですねw

ブラウン管内臓なので開けるだけでも怖いですね・・綿棒ば常に2000本ぐらい買い込んでます(爆
耳掃除には困らないですw
Posted by はにはに at 2015年01月27日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: