2013年01月14日

88のキーボードの整備

DSC07447.JPGDSC07448.JPGDSC07446.JPG

これから出品予定の88フルセットのタイプAのキーボードを整備しています。
接点復活剤を塗布して直す方法もあるのですが(これはやっつけ仕事ですな・・)、
それだといい加減な直し方なので何れまたキーの調子が悪くなります・・・
しかもタイフFやGのキーボードなんかに接点復活剤を塗布したら更に調子悪くなります。
F、Gタイプの中は金属ではなくゴムタイプなので意味はありません。
FやGでキー押せない場合、大抵の場合は内部のシリコンゴムが切れています修理は無理だと思ってください。
そんなわけでAタイプのキーボードを確実な方法で直します。
どうも4と5と7のキーの調子が悪いのです、連打すると叩いた数よりも少なく出たりしています。
キーを外して内部を見てみる事にします。
背面の半田を吸い取ってマイナスドライバーで内部のキーを外します。
内部を分解して見るとバネ1個に板バネのような物が2つあります。
そのうちの1つは半田付けされていた部品とつながってます。
その部品を更に分解しアルコールなどで清掃します。
業務用の強力なエアーを噴いて埃を飛ばすのもよい方法です。
これで大抵は直りますがそれでも直らない場合は、
中の板バネのような物を少し曲げます。
これで100%直ります。曲げすぎてキーが硬いようならまた戻す、何度も同じ作業を続けます。

ネットで88の修理情報を探したことがありますが、ここまでキーを分解した写真は出てきませんね・・・
ここまでやる人は誰もいないって事でしょう^^;
posted by はにはに at 03:25| 東京 ☁| Comment(2) | キーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。オークションで素晴らしく美品の88をたびたび出品されているのをお見かけして興味を持っていました。ブログも時々拝見させて頂いているのですが、ここまで分解してキーボードを整備したという話はほとんど聞かないですね。すばらしいです。
ウチのも効かなくなったら参考にさせて頂こうと思います。

ウチは現在PC-88VA3/PC-8801FA/PC-8801mkIIFR/PC-8801mkIISR/PC-98DO+なんかが稼動可能な状態であります。(おかげで置く場所ないんですが...(苦笑))
今後も大切にしていきたいですね。
Posted by UME-3 at 2013年01月14日 21:57
はじめまして、
メカニカルキーは内部まで清掃すれば大抵は直りますので、
是非参考にしてください^^
大抵は上のキーを外して業務用のエアーコンプレッサーで吹けば殆どの場合大丈夫です。
それでも駄目な場合は内部まで分解してアルコール清掃です。
メンテナンスの情報は肝心な部分はなかなか教えてくれませんね・・・
商売やっている方には非常に迷惑な情報ですが発信しちゃいます^^;;

往年の名機を沢山お持ちのようで!しかも最強のVA3と98DO+をお持ちとはっ!
特にVA3はまともに動く物がないので非常に貴重ですね。
生涯、大切にしてくださいね^^
Posted by はにはに at 2013年01月15日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: