2013年01月09日

PC-8801のキーボードをVAで使うには...

DSC01624.JPG


DSC01625.JPG

pc-8801のキーボード FH/MH以降のタイプではTYPE-AからTYPE-Gまであります。
分解して中を見るとどのタイプでも右上にスイッチが付いています
スイッチを上に上げるとVA用のキーボードタイプBになり、
すべてのVAで使えるようになります。

タイプAのキーボードだけ余ってますので、
ホワイトニング加工+半田盛してメンテしたキーボードを出品しようかと思います。
このタイプAはメカニカルキーなのでカチカチと音のするタイプで私が一番大好きなタイプです。
いかにも押してるぞ!打ってるぞ!という感じがするんですよね^^
Aタイプはキー自体は非常に壊れにくいのですが、
20年以上経過してますので半田クラックしているものや内部の金属が埃まみれで反応しないものがあります。
半田クラックしているものは吸い取り線で半田を吸い取って新しく付け直せばよいのですが、内部が埃で汚れて接触不良を起こしているものは半田付けされたキーを外し分解してバネ部分までアクセスし周りの板バネの金属をアルコールなどで清掃すれば大抵は直ります。それでも直らない場合は板バネの金属部分をほんの少し曲げます。それで大抵は直るはずです。
最悪の場合壊してしまう事もありますが、最終手段として、
FILCOのキーボードから部品取りをして付け替えれば直ります^^;;

posted by はにはに at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | キーボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: